トランペット・ホルン・トロンボーン・ユーフォニアム・チューバ

お茶の水 下倉楽器 金管楽器TOPページ3F 金管売り場 トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバ

YAMAHAを中心に脅威のラインナップを実現。下倉楽器独自の流通で入手したレア物金管楽器もあります。
あなたの大切な楽器を、じっくりとお選びいただけるよう、3Fに試奏室を完備
また、ご購入後は、各メーカー認定の修理技術者16名が修理や調整などサポートも万全!お気軽にご相談下さい。

中古木管楽器も豊富に取り揃えておりますので、ぜひご覧下さい。

中古金管楽器はコチラ


下倉楽器は各メーカーの公認特約店&正規取扱店です。

公認特約 メーカー一覧

ヤマハバックハンスホイヤーB&S
ベッソン

正規取扱 メーカー一覧

キングゲッツェンコーンホルトン
アレキサンダー

楽器別取扱ブランド

トランペット  コルネット  フリューゲルホルン  ホルン 
トロンボーン  ユーフォニアム  チューバ  マーチングブラス

トランペット ― Trumpet ―

トランペット

管の全長に対して円筒部分の割合が大きく、多くは長円状に巻かれ、その中ほどに3つ(稀に4つ)のピストンまたはロータリー式のバルブを備えています。この楽器の調性には様々なものが存在しますが、最も一般的なのは変ロ調(B♭管)とハ調(C管)である。


コルネット ― Cornet ―

コルネット

トランペットと同様にピストンを有する、というよりは、ピストンの有用性をコルネットが証明し、トランペットに導入されました。形態もトランペットに似ていますが、伸ばした際の管の形状が大きく異なります。トランペットは管長の半分が円筒管、半分が円錐管であり、コルネットは2/3が円錐管です。


フリューゲルホルン ― Flugelhorn ―

フリューゲルホルン

フリューゲルホルンは、ビューグル属の楽器です。外観はコルネットに似ていますが、より管の内径が太く、トランペットやコルネットと比較して、一般に「より豊かで暗い」「甘美」と形容される。


ホルン ― Horn ―

ホルン

フレンチ・ホルンはカタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持ちます。へ調と変ロ調の調性を持った楽器があり、それぞれF管、B♭管と呼ばれますが、一般的には、それらを一つに組み合わせ「切換バルブ」と呼ばれる特殊なバルブで切り換えられるものが多用されています。


トロンボーン ― Trombone ―

トロンボーン

トロンボーンは、2つの長いU字型の管を繋ぎ合わせた形状を持ち、通常はその一部(スライド)を伸縮させて音程の高低を生み出します。一般的に使われるテナートロンボーンとバストロンボーンの調性は変ロ調(B♭)ですが、記譜は実音で書かれます。クラシック音楽やジャズをはじめ、多くの分野で使用されている楽器です。


ユーフォニアム ― Euphonium ―

ユーフォニアム

ユーフォニアムは、一般的にB♭管で、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つのバルブ(弁)を持ちます。音域はテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じですが、それよりも幾分か柔らかく丸みのある音色です。主な活躍の場は金管バンド(英国式ブラスバンド)、ファンファーレバンドと吹奏楽などですが、オーケストラにおいてもテナー・チューバなどとしてスコアに指定される事があります。


チューバ ― Tuba ―

チューバ

唇の振動によって生じた音を管体で共鳴させ朝顔(ベル)から放出するという基本構造は他の金管楽器と同様ですが、フレンチ・ホルン以上の全長を持つ管は長円状に幾重にも巻かれ、大型の朝顔は上部を向きます。金属(主に真鍮)製の管は、迂回管や抜差し部分を除き、朝顔に向かって緩やかに広がる「円錐管」となっており、唄口を接続する「マウスパイプ」と呼ばれる部分は楽器の中程の高さに取り付けられます。


マーチングブラス ― Marching Brass ―

マーチングブラス

マーチングブラスは、音を特定の方向に遠くまで響かせるためにフロントベル仕様にした楽器です。マーチングを行いながら演奏するため、軽快なアクションを備え、その晴れやかな舞台のためにルックスも向上しています。


中古楽器も豊富に取り扱っております。

中古金管楽器一覧中古トランペット
中古コルネット中古フリューゲルホルン
中古ホルン中古トロンボーン
中古ユーフォニアム中古チューバ

年間販売本数8000本を超える実績!
管楽器修理 リペアセンター 毎月1200本以上の修理・調整を実施!

ページの先頭へ