国内外トップ・プレイヤーによる選定楽器。

管楽器選定品 国内外・トッププレイヤーによる選定楽器

「楽器の選定」について

須川 展也 選定風景

下倉楽器では、来店されたトップ・プレーヤーに、数ある楽器の中から 音色・操作性・鳴りのバランスなどをチェックし、「これはおすすめ!」という楽器に、直筆サイン入りの楽器選定証明書をお付けして、提供させていただいております。


このコーナーで紹介している選定楽器は、どれも今回限りの限定品で、
普段は入手困難で貴重な、まさに「価値ある1本」と言えます。

プロの選定だから安心!選定楽器!

田中靖人 選定風景

下倉楽器では、国内外のトップ・プレーヤーによる選定楽器も各種ご用意いたしております。

◾「高額な商品なのでプロの方が推薦している楽器がいい」

◾「よくわからないので、少しでも良いものを購入したい」

◾「実際に吹いて選べないので不安・・・」

そんな方におすすめの楽器が、選定楽器です。

過去の選定プレイヤー


クラリネット選定品

品川 秀世 先生
品川 秀世

広島交響楽団

パリ市音楽院の室内 楽とクラリネットで審査員満場一致の1位を得、首席で卒業。 帰国後は各オーケストラとコンチェルトを共演するほか、日本各地に於いてソロ、室内楽、オーケ ストラなど幅広く活躍する。また、コンクールの審査員など、後進の指導にも力を注いでいる。

 

品川秀世先生選定品はコチラ

松本 健司 先生
松本 健司

NHK交響楽団
首席クラリネット奏者

1993年にパリ国立高等音楽院に入学。97年に同音楽院クラリネット科を「レオン・ルブラン特別賞」を得て卒業。98年に同音楽院室内楽科を卒業し、本格的な演奏活動を始める。洗足学園音楽大学、東京音楽大学、上野学園大学、国立音楽大学、尚美コンセルヴァトアールディプロマ科において後進の指導にあたっている。

松本健司選定品はコチラ


オーボエ選定品

三原 隆正 先生
三原 隆正

国立音楽大学付属音楽高等学校を経て、同大学卒業。
オーボエを故 丸山盛三氏に師事。これまでにソリストとしてオーケストラ・アンサンブル金沢等多数のオーケストラと共演。
また音楽評論家とのレクチャーコンサートや、作曲家の個展や初演に携わる傍ら、音楽大学での演奏会や講演を依頼され行う。

三原隆正先生選定品はコチラ


ファゴット選定品

山上貴司 先生
山上貴司

ファゴット

東京都立芸術高校音楽科講師

日本ファゴット(バスーン)協会理事

信州まきたばの会代表

クロアチア音楽協会名誉会員

国際ダブルリード協会会員

山上貴司先生選定品はコチラ


サックス選定品

田中 靖人 先生
田中 靖人

国立音楽大学卒業、矢田部賞受賞。在学中に第1回日本管打楽器コンクール2位、第4回同コンクール1位受賞。CDは「管楽器ソロ名曲集」(日本コロムビア)の他、「ラプソディ」、「サクソフォビア」(東芝EMI)、「ガーシュイン・カクテル」(佼成出版社)、「モリコーネ・パラダイス」(EMI)をリリース。03年和歌山県より「きのくに芸術新人賞」受賞。現在、愛知県立芸大講師、昭和音楽大講師、札幌大谷大学客員教授、東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスター。

田中 靖人 選定品はコチラ

林田 和之 先生
林田 和之

雲井雅人サックス四重奏団

1999年、第16回日本管打楽器コンクール・サクソフォーン部門において第1位入賞。飯森範規指揮の東 京交響楽団とコンチェルトを共演する。2000年、NHK-FMリサイタルに出演。ソロ、室内楽の演奏のかたわら、オーケストラ内のサクソフォニストとし て、新日本フィルハーモニー交響楽団にしばしば登場している。

林田 和之 選定品はコチラ


トランペット選定品

上田じん
エリック・オービエ

京都市立堀川高校音楽科、東京芸術大学を卒業。在学中より金管五重奏団BuzzFiveを主宰、オーディションにより、芸大室内楽定期に出演。2000年、第69回日本音楽コンクールトランペット部門第一位、併せて松下賞受賞。2001年、BuzzFiveとして「ジャパン・ブラス・コンペティション 2002年シエナウインドオーケストラに入団。2004年青山音楽賞受賞。2007年東京シティフィルに入団、2012年度より同団の一番奏者を務める。

東京シティフィル客員一番奏者、シエナウインドオーケストラ契約団員、BuzzFive主宰、東京トランペットカルテットメンバー。洗足学園音楽大学、大学院非常勤講師。

上田じん 選定品はコチラ

ピエール・デュト

22年間教授を務めた国立リヨン高等音楽院では数多くの優秀な生徒を輩出しており「フランスの金管楽器の伝統を指導する教授の中で最も必要とされる一人」と称されている。アンドレ・アンリ氏(1996年ジュネーブコンクール優勝)、ダヴィド・ゲリエ氏(2003年ミュンヘンコンクール優勝)なども氏の生徒である。またメキシコ、ブラジル、アメリカ合衆国、オーストラリア、中国、日本、南アフリカ等のマスタークラスにも招聘され、その指導法には定評がある。また国際コンクールの審査員も数多く務める。

ピエール・デュト 選定品はコチラ

ライナー・アウアバッハ
エリック・オービエ

ベルリン国立歌劇場首席トランペット奏者

イツのシューマンの生まれた町ツヴィッカウ
に生まれた。12才よりトランペット始めライプツィヒのメンデルスゾーン音楽大学にてゲヴァントハウスオーケストラのクルト・ラムに師事。
1977ケミニッツフィルハーモニーの首席トランペットを経てベルリン
国立歌劇場のソロトランペット奏者を務め現在に至る。

ライナー・アウアバッハ 選定品はコチラ


ホルン選定品

森博文 先生
森博文

東京フィルハーモニー首席ホルン奏者の森博文氏による選定品です。全体的なバランスも良くムラなく鳴るのが特徴です。コンディションもかなり良いのでお探しの方はお早めに!

森博文先生
選定品はコチラ

木川 博史 先生

2003年第20回日本管打楽器コンクール ホルン部門1位及び大賞受賞。 2004年第39回マルクノイキルヒェン国際コンクールにおいてディプロマを受賞。 。 東京音楽大学付属高等学校、同大学を卒業。水野信行、冨成裕一、岡本充代の各氏に師事。卒業後、ベルリン芸術大学にてC.F.ダルマンに師事。

2013年大阪市より「咲くやこの花賞」を受賞。日本センチュリー交響楽団を経て、2015年9月よりNHK交響楽団団員。


木川博史先生選定品はコチラ

中島大之 先生

国立音楽大学教授

83年から88年まで東京フィルハーモニー交響楽団、89年から2012年までNHK交響楽団に在籍。東京シンフォニエッタのメンバーとして現代音楽にも取り組む。 これまでにホルンを、窪田克己、千葉馨、フーベルト・ブラーデル、守山光三、ジョナサン・リプトンの各氏に、室内楽を中川良平、アンリエット・ピュイグ・ロジェの各氏に師事する。
国立音楽大学教授、昭和音楽大学及びフェリス女学院大学非常勤講師として後進の指導にあたる。


中島大之先生選定品はコチラ


丸山 勉 先生
丸山 勉

日本フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者

武蔵野音楽大学卒業。日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団首席奏者を経て現在ソリスト、室内楽、オーケストラに幅広いジャンルで活躍。日本 フィルハーモニー交響楽団客演首席奏者、東京ホルンカルテット、つの笛集団のメンバーとして、ソロではビクターよりCD「ルネッサンス」をリリース。

丸山勉先生選定品はコチラ


トロンボーン選定品

古賀 光 先生
古賀光

NHK交響楽団
首席トロンボーン奏者

古賀光先生選定品はコチラ


ユーフォニアム選定品

安東 京平 先生
スティーブン・ミード

1986年北海道芦別市出身。国立音楽大学を矢田部賞を受賞し卒業。ロームミュージックファンデーション奨学生として、アメリカアラバマ大学に留学、2012年12月同大学大学院 修士課程修了。


安東京平先生選定品はコチラ


チューバ選定品

佐藤 和彦 先生
佐藤和彦

新日本フィルハーモニー交響楽団首席チューバ奏者。ジャパン・チューバ・ソロイスツ、ズーラシアンブラス、如月四重奏団、各メンバー。くらしき作陽大学、作陽音楽短期大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校、各講師。日本ユーフォニアム・チューバ協会理事


佐藤和彦先生選定品はコチラ

柳生 和大 先生
柳生 和大

日本フィルハーモニー交響楽団
テューバ奏者

2009年東京芸術大学大学院音楽研究科修了。
2009年 第21回大曲新人音楽祭グランプリや第27回日本管打楽器コンクールテューバ部門第一位及び審査員特別賞受賞など数々の受賞歴を持つ。ズーラシアンブラス、アンサンブルZEROのメンバーとしても活躍中。

柳生和大先生選定品はコチラ

池田 幸広
池田 幸広

NHK交響楽団TUBA奏者

静岡県出身。1998年国立音楽大学卒業。同年、大阪市音楽団入団。第15回日本管打楽 器コンクール優勝(1998)、「コンセール・マロニエ21」金管部門優秀賞(1999)、 マルキノキルヘン国際コンクール(独、2000)第4位および審査員特別賞。

池田幸広選定品はコチラ


過去の選定プレイヤー


ページの先頭へ