YAMAHA ヤマハ オーボエ ―Oboe―

ヤマハ 管楽器 オーボエ

オーボエは、上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式の楽器(複簧管楽器)です。

ヤマハ オーボエ ラインナップ

ヤマハクラフトマンたちが時間をかけて培ってきた貴重な経験と感性、最新のコンピュータ技術との融合によって、正確なイントネーションと自然で快適な操作性を持ち、奏者の豊かな音楽表現に瞬時に反応する高いレスポンスを実現しています。

YOB-431

ヤマハ 管楽器

グラナディラを使用したオーボエ。コンセルヴァトワール式セミ・オートマティックシステムカバードキイ。

税込定価¥475,200

¥352,000(税抜)

詳細はこちらから

YOB-432

ヤマハ 管楽器

グラナディラを使用したオーボエ。コンセルヴァトワール式フル・オートマティックシステムカバードキイ。

税込定価¥518,400

¥384,000(税抜)

詳細はこちらから

YOB-831

ヤマハ 管楽器

音響選別材のグラナディラを使用したカスタムオーボエ。コンセルヴァトワール式セミ・オートマティックシステムカバードキイ。

税込定価¥939,600

¥696,000(税抜)

詳細はこちらから


YOB-832

ヤマハ 管楽器

音響選別材のグラナディラを使用したカスタムオーボエ。コンセルヴァトワール式フル・オートマティックシステムカバードキイ。

税込定価¥1,047,600

¥776,000(税抜)

詳細はこちらから

環境に配慮した”鉛フリー半田(はんだ)”を使用したヤマハの管楽器

ヤマハの管楽器は、今も多くの過程で人の手を経て作られています。細かな管楽器の金属部品の接合には多くの半田付け作業が必要であり、現在ヤマハがそこで用いる半田は、すべて“鉛フリー半田”です。

ヤマハは世界で初めて、環境に配慮した“鉛フリー半田”を使用し管楽器を量産することに成功しました。現在ヤマハが国内外の工場から出荷しているすべての管楽器には、“鉛フリー半田”が取り入れられています。

鉛フリー半田とは

環境や人体にとって悪影響とされる鉛を含んでいない半田。欧州で発令されたRoHS指令により、欧州地区には、一定量以上の鉛などの特定有害物質を含む電子機器・電気機器を輸出することが禁止されました。

管楽器はこのRoHS指令対象外ですが、ヤマハは環境への配慮から、いち早く管楽器に使用する半田の鉛フリー化に取り組みました。


YAMAHA 管楽器ラインナップ

ピッコロフルートオーボエ
ファゴットクラリネットサクソフォン
トランペットコルネットフリューゲルホルン
フレンチホルントロンボーン
チューバ木管楽器選定品
金管楽器選定品中古木管楽器中古金管楽器

ページの先頭へ